忍者ブログ

Unnotemated(http://unnotemated.soregashi.com/)のブログ分家。自転車、F1などが話題に上がると思います。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(ノ゚Д゚)こんばんはTemaです。

先日、F1どうでしょうの中の人、紅荒波さんと、
都内でカートに乗ってきました。

夕焼けの綺麗な時間帯に、北千住の駅で紅荒波さんと待ち合わせ。
そこから15分くらいぬるぬると歩いて、シティカートへと向かいました。
15分歩くのが面倒なら、
東武伊勢崎線の牛田or京成関屋の駅がすぐそばです。
遠方から来た方でも、アクセスとしては困ることはないと思います。

面白いことに、google Mapsの航空写真→で見ると、
コースレイアウトが綺麗に確認できます。
(注 現在のコースレイアウトとは異なるようです)


鈴鹿以来2回目(キャリア3日目)のカート走行です。
どうしても、鈴鹿との比較という形になりますが、感想です。

非常にテクニカルかつ、無事に回ってくるだけでも大変なコースでした。
必要なものは2つ「勇気」と「パワー」。

【突っ込みは勇気】


1コーナーの入りは、速い人の走行を見ていると、
ぎりっぎりまでブレーキを突っ込んで、コーナーの奥深くから回ってきます。
走っている側の立場で言うと、
最高速からタイヤバリアに斜めに突っ込んでいく感じになるので、
ブレーキングポイントの見極めと、とてつもない勇気が要るのです。

コース中盤の、斜めに伸びるバックストレッチも、
後の右,左のシケインが非常に狭いので、
巧妙なブレーキングと正確なライン取りが必要。

あとは、全開で立ち上がる最終コーナー。
Rがきつくないようでそこそこきついので、
「あーリア滑ってる」と思いながら立ち上がらざるを得ない感;

【コーナリングはパワー】


コースの一つの特徴として、
3周も回ると腕にものすごくくる! というのが言えそうです。
素直にアウトインアウトで出られるようなコーナーが少なくて、
ねじ伏せる形で曲がっていくことが多いようです。

中速コーナーの2,4と、アプローチでアウトにつけない9、
回り込むシケインの10~11が特に大変です。
…つまり、楽なコーナーは皆無です。

【すっごい回るよ!】


私のドライビングスタイルは、
ブレーキングを早めに開始、
クリップをたいてい手前側でとって、
コーナー入り口でさっと向きを変えたあとにアクセルで脱出する、というもので、
本来あんまりスピンするような走り方ではない…と思われます。

ところがどっこい、
ここでは面白いくらいにくるくるスピンを連発。

2回の走行で計10周少々走りましたが、
1コーナーで4回、バックストレッチの終わりの5コーナーで3回くらい、
向きが変わるくらいに完全にスピンしています。
鈴鹿のときはピクリともしなかったのに、
今回はリアが動くわ動くわw

ブレーキが詰まってきて、
マージンが減ってきたのかもしれないのですが、
手が抜けない、突っ込まざるを得ないレイアウトであることは確かだと思います。


滑るタイヤに悩まされながら、
37秒~38秒が精一杯でした。
とにかく、面白い(半分くらい怖い)コースでした。

以上、ご参考までに~。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
Tema
本家サイト:
趣味:
自転車 旅行 ドライブ F1
自転車:
Louis Garneau LGS-RSR2 (2008)
最新コメント
[11/15 ミャミャン]
[07/23 SAKA]
[07/21 トッパー]
[07/21 quzy]
[07/19 アドラー]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
Copyright Unnotemated blog by Tema All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]